抜くべきか、抜かないべきか

>

全ての人が親知らずを抜くべきか

親知らずを抜く場合の目安

何かしらの痛みの症状が出ている場合、その原因が親知らずであるかどうかを調べるのは1つの重要なポイントです。
親知らずの周辺で炎症が起きてしまっていると、すでに親知らずやその周辺で虫歯や歯周病といった痛みを生じる疾病を発症している可能性も高くなります。
その場合は原因である親知らずの抜歯になるでしょう。

親知らずが横向きに生えてくると、どうしても隣り合う歯を圧迫してしまったり、咬み合わせが悪くなってしまいます。程度にもよりますが、歯科矯正での治療が難しい場合は抜くという治療方針になります。

食べ物がよく詰まってしまうような生え方だと口臭の原因となったり、将来的に虫歯の可能性が出てくるので注意しなければいけません。

抜くなら早めのほうが良い?

親知らずは口の中で一番奥深くにあるため、諸症状がなければその存在を普段からあまり気にしていない人も多いかもしれません。
他の歯を圧迫しているようなズキズキとした痛みや、口臭といった自覚症状が気になりだしてからようやく親知らずの存在を認識することもあります。
気付かない内に虫歯や歯周病といった口内の病気が進行して、取り返しのつかないことになってしまうこともあり得ます。親知らず以外の歯まで抜くことになってしまうのは避けたいですよね。まだ生えていない人は、奥歯も少し気にした口腔ケアをしておきましょう。

また、親知らずの抜歯は麻酔を使った施術のため意外と体力を使うもの。加齢とともに体力や免疫はどうしても衰えてしまうため、抜く場合のタイミングも重要です。


この記事をシェアする
▲ PageTop