抜くべきか、抜かないべきか

>

親知らずって、何?

知覚過敏・虫歯・歯周病

硬い歯の内部には神経が通っており、飲食物や物理的な刺激に反応して痛みが生じる状態を『知覚過敏』といい、風が当たるだけでも痛みが出てしまいます。これは歯の表面を保護しているエナメル質が溶け、下層にある象牙質が露出したことで起こる一時的な刺激性の傷みです。

外部からの刺激がない状態でも常に歯が痛む場合、この象牙質も溶かされて更に歯髄という神経や血管が集中している部位まで溶けてしまっている状態です。すると、炎症を起こして歯の根っこ部分が化膿し、耐え難い痛みとなってしまいます。
いわゆる『虫歯』と呼ばれる状態ですね。

『歯周病』は歯と歯茎の間に溜まった歯垢で細菌が繁殖してしまうことで引き起こされる歯の周りに起こる炎症の総称です。
歯茎が炎症を起こした状態の歯周炎と、歯を支えている歯茎の中にある骨まで炎症が進み、歯茎から血や膿が出たり、歯がぐらぐらしてしまう歯槽膿漏があります。

親知らずによる痛み

親知らずは本来生えてくるスペースが不十分であるために中途半端な生え方をしてしまったり、まっすぐに生えてこないことが多い歯です。
すると、隣り合う歯を圧迫しながら生えてこようとするために周辺の歯を常に圧迫しているようになります。
満員電車のような状態が続けば、当然その周辺の歯も少しずつ押され、無理な力が加わることで周辺の歯や顎に負荷がかかり痛みに発展する場合が考えられます。

また、通常の歯とは違う向きで生えてきてしまうと歯のくぼみや隙間の出方が他の歯とは異なってしまいます。口内の一番奥というなかなか目の届きにくい位置でもあるため、歯磨きでの洗浄が行き届かないことが原因で不潔な状態が続き、親知らずが原因の細菌性の炎症にり患してしまうこともあります。
こうした炎症は口内に留まらず、頭痛の原因や体調不良の原因に繋がってしまうこともあり得ます。


この記事をシェアする
▲ PageTop